アラフォー女の人生設計

独身をこじらせた女が、人生そして仕事への向き合い方を綴ります

*

【素直な心と、温かさに甘んじない心】

   

以前も書きましたが、私は「書くこと」自体が好きなので
特筆すべきことでも無いような出来事でも文章にしてしまいます。
あまりまとまっていない文章になることもしばしばですが
書く事で気持ちが整理されたり、自分を客観視する助けになるからです。
 
そんな中、私の文章に対し、共感や励まされるといった
言葉を頂けると本当に有り難く嬉しい気持ちになります。
こんな文章が・・・という必要以上にへり下る気分の時も
ありますが、それでは厚意をくださった方々に失礼ですから
そのままの言葉を受け取らせて頂いています。
本当に有り難うございます。
 
ですが、その言葉に甘えてはいけないという気持ちも、
感謝の気持ちと同じくらい持っています。
これも以前書きましたが、言葉を大切に使いたいという
気持ちがあるからです。
最近も、横暴な物言いで一気に仕事を失うキャスターがいました。
後から色々と取り繕わなくてはいけないということは
発した、綴った言葉選びが間違っているか、
または足らないことが考えられます。
最後は受け取られる方の感じ方次第と言い切ってしまえば
それまでですが、自分の本意がしっかりと伝わるように、
今後も持ちうる限りの語彙を尽くして文章にしてゆきたいと
思っています。
 
自分が思うようにアウトプットするためにはインプットが必要です。
文章、映像、日常の生活。
意識するところは意識し、普段の中でも感度を高めて
生活してゆきたいと思います。

 - 日常の出来事